HOME > 装置・製品紹介

装置 製品紹介  株式会社アイコーシステム

自動組立装置

パーツフィーダー、ターンテーブル、P&Pを使用 全自動組立機(例)

部品供給 「FAテクノロジー」培ってきた技術です。
一貫した作業を全て自動で行います。
パーツフィーダー、ターンテーブル、P&Pを使用 全自動組立機
移載 移載方法は、サーボ制御およびシリンダー
高速かつ正確な制御を行います
位置決め
部品挿入
封止 組立工程から封止工程へ移ります。
封止作業は、ウエルダー・熱・レーザー等の溶接及び溶着が可能です。
検査 検査工程では、PCソフト・アナデジ技術により、画像、電気、圧力等のセンシング技術を用い、多様な検査を可能とします。
梱包

リール、カセット供給による自動組立機および測定データーの蓄積(例)

切出し リール状のワークを引き出し、規定の長さに切断します。 リース、カセット供給による自動組立機および測定データーの蓄積
測長
部品挿入 カセットから取り出された部品を切断された部品に挿入し位置決めします。
熱収縮 位置決めされた部品は、光源により熱収縮させ、組み付けます。
検査 部品完成後は、大きさ、重量、電気特性等を測定し、その結果をPCに蓄積します。
蓄積された測定値は、品質管理に貢献します。
梱包

ライン型全自動組立機(例)

部品供給 部品供給 部品供給
部品供給は、取り扱う部品によりさまざまです。
・パーツフィーダ  ・パレタイザー  ・カセット
部品の最も適した供給方法を選択します。

移載
供給機から投入された部品は、
速度、位置決め精度により移載方法、チャック方法を選択します。
・ロボット移載
  サーボモーター制御
・シリンダー移載
・チャキング
  吸着チャック
  シリンダーチャック等

次工程移載・搬送
多工程を要する組立は、部品の大きさ、形状
により、次工程への受渡し方法が決まります。
  ・ロボット搬送 ・コンベアー搬送
  ・ベルト搬送  ・ロール搬送
  ・パレット搬送等

部品処理
受け渡された部品は、それぞれの作業を
行います。
・加工  ・半田付け  ・溶着  ・組付け
・洗浄等
移載
移載 部品挿入
位置決め
位置決め 次工程移載・搬送
部品処理
次工程移載・搬送
部品取り出し
検査
梱包

ライン型全自動組立機

▲ ページの先頭へ戻る

インライン検査装置

製造ライン上に流れてくる製品を、流れを止めずに検査を行います。
ラインセンサーカメラを使用し、搬送時に高画質の画像を取り込み検査を行います。
インライン式の場合は、不良を発見すると自動でそのワークを排出し、測定データはパソコンへ記憶されます。

記憶されたデータは、不良発生原因の解析に利用することが出来、単に不良品判別機能に留まらず、原因究明の手助けをします。

FA技術と検査技術の融合で、より早い正確な検査を可能にします。
インライン検査装置

▲ ページの先頭へ戻る

検査装置

画像、電気特性、トルク、圧力等の多岐の測定を可能とします。数多くの案件が、アナログ・デジタル・ソフトウエア技術を育て、多種多様な検査を可能にしました。
物性はアナログであり、時代が進化してもそれ自体はアナログです。
そのため、アナログ入力をデジタルへ変換するための電子回路技術が必要となります。電子回路設計まで行うことで、未知の計測を可能にしました。
計測可能なデータは、高速化されたPCに記憶して解析されます。
ハードとソフトが融合し、検査装置を構築します。
単体検査機で実証された技術はインライン型の検査装置となり、さらに進化し続けます。
検査装置

▲ ページの先頭へ戻る

各種ローダーアンローダー

紙、フィルム、ガラス、半導体ウエハ、加工部品それぞれ異なる方式で搬送いたします。
それもまた技術の一環です。新しいワーク、素材に触れた時、また新たな挑戦が始まります。
数多くの経験が、技術を支え未知の技術を構築します。
我々はイノベーションに挑戦する者たちです。
(加工例、カード搬送、ガラス搬送)
各種ローダーアンローダー

▲ ページの先頭へ戻る

応用製品

正確なハンドリング技術を応用した製品
・レーザー加工機
・レーザーマーキング装置
・X線検査装置
・液晶画像検査装置等

サーボ技術の応用した半導体関連製品
・スピンコーター
・枚様式洗浄装置
・EFEM

制御管理技術の応用製品
・移動倉庫
・仕分け装置
応用製品

▲ ページの先頭へ戻る

エキシマランプ&IPF電源

エキシマランプ

光は波長が短いほどエネルギーが強く172nmの光は新しい化学反応を起こします。
ワークまたはランプハウジングを移動させ光を照射させます。
エキシマランプ

IPF電源

グロー状のプラズマを発生させるIPF電源は、安定したエネルギーの照射を可能にしました。
IPF電源は100Wを1ユニットとし、各種のランプに対応できます。
IPF電源
※供給電源は3相交流200Vです。
※ユーティリティにつきましては、供給電源の他、冷却用として市水および窒素または圧縮空気が必要となります。

▲ ページの先頭へ戻る